CASBEE

いつも読んで下さって、ありがとうございます。

4/24にCASBEEの講習を受けてきました。

建物が建つ事で、その環境へ与えると、受ける影響を数値化していく仕組み。

いままでに、次世代省エネ基準、性能評価、

200年住宅、長期優良、地域材活用木造住宅と

様々な指標が、時代と共に行われてきた。

いよいよ建築が確立し始める気がした。

CASBEEは、新築、戸建、既存、改修とあります。

建物を評価していける仕組みで、(建築士は大変になる)○丁目○番地○の建物は、

星4つ ☆☆☆☆ みたいに表示している。(1~5つ星まである)

その先に見えているのは、LCCM住宅。

建設段階から発生するCO2を、ライフサイクルで吸収出来る家を建てる事。

昨夜のG8での日本の発言と、関係があると見ています。

エネルギーは使い放しではなく、省エネ(SW工法)と、つくる、ためる、を使うに

プラスにしていきましょう。 子ども世代のために。

頭の中では、様々な仕組みが相互関係にあってつながってくる。 う~ん・・・・。

 

CASBEEについてもっと知りたい方はコチラ

お問合せフォーム

お電話でのお問合せも承ります。
お気軽にお電話ください。
電話:042-794-3030

お問い合せ(※必須)

お問い合せの内容を
具体的にお聞かせください。

お名前(※必須)

メールアドレス(※必須)

ご住所(※必須)

電話番号(※必須)

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

カテゴリー: ブログ, 志水哲也のバリアフリーブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク