リフォームによる住宅改善

2005年65歳以上の高齢者の日本人口が20%を超え、今も増加しつづけている言われています。

病気や歳をとって身体が不自由になってきても、住み慣れた我が家で暮らし続けたいとご自宅をリフォームする方も多いと思います。

そんな住宅改善リフォームについての資料を読む機会がありました。

それによると住宅改善内容については、ケアマネージャーや専門知識をもった工務店だけでなく、担当医師や、看護師の意見、介護担当者や家族にまでも協力を求めていく事が最良だといくつかの事例と共に書かれていました。

たとえば、手すりなどもただ標準仕様で付けるのではなく、その人の症状によって合った高さにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくお金をかけて改善リフォームをするのですから、その人に合った仕様で、必要な部分だけの改修を組み合わせるなどしていきたいですよね。

お問合せフォーム

お電話でのお問合せも承ります。
お気軽にお電話ください。
電話:042-794-3030

お問い合せ(※必須)

お問い合せの内容を
具体的にお聞かせください。

お名前(※必須)

メールアドレス(※必須)

ご住所(※必須)

電話番号(※必須)

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

カテゴリー: SANWA MODEL HOUSE日記, ブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク