設計室の御影石張り工事

60cm×30cm、厚さ3cmの御影石をダイヤモンドカッターで寸法に引い線に従って切断します。

硬いので、ゆっくり、歯を上下しながらです。そばでは話せないくらいの大きな音でした。

 

 

空モルタル(セメント1+砂3)をコテで平にします。

下地となるので、水平と高さを調整するのが重要です。

 

 

 

 

セメントペースト(セメント3+水7)を空モルタルの上にまきます。

 

 

 

 

 

 

切断した石を置きます。糸で高さを見て調整します。

前に置いた石との目地を4mm空け慎重におきます。

重さは15kg位でとても重たいです。

 

 

 

 

ショックレスハンマーでたたいて前後の水平をみます。

石は凸凹があるので、丁寧にたたきます。

 

 

 

 

1日くらいで、セメントと水が反応して硬くなり石を土間に接着します。

目地に目地モルタルを積めて仕上がりです。

 

 

 

 

職人さんに石張りの難しい点をお話しして頂きました。丸い場所や、勾配を2方向につけるところ等に石を張る時、又 石を切る時は硬いのでゆっくり作業する事と伺いました。

様々な熟練の技術で石がきれいに張られるのだと思いました。

お問合せフォーム

お電話でのお問合せも承ります。
お気軽にお電話ください。
電話:042-794-3030

お問い合せ(※必須)

お問い合せの内容を
具体的にお聞かせください。

お名前(※必須)

メールアドレス(※必須)

ご住所(※必須)

電話番号(※必須)

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

カテゴリー: 設計部 One Step Blog   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク