Vol22 浅沼様 家庭菜園ができる庭と、吹き抜けリビングにある階段

今回は、町田市木曽町の町田街道沿いに面した浅沼様邸を訪問させて頂きました。白い外壁と緑色の屋根で門から玄関までの長いアプローチは、緩やかな段とスロープで作られ、広いお庭には、季節の花々やハーブ、そして家庭菜園というにはとても立派な野菜が育っていました。

浅沼様ご夫妻

緑色の玄関を入ると廊下を挟み、左側がLDK、右側がお父様のお住まいになっています。お父様のお部屋は、二間続きの和室と、キッチン、トイレ、バスと元気なお父様がお一人で、何でも出来るような間取りになっています。

和室には、以前お住まいになっていた欄間を、思い出の品として再利用され、和室がよりモダンな雰囲気になっていました。

また玄関から続く廊下には、奥様のご趣味である書道の作品が飾られ、外観とは、また違って和と洋が融合していると言う感じでした。そしてリビングは、全て吹き抜けで広々として明るく、高い天井や梁が良く生かされていました。

家族のコミニケーションがよりとれる提案

吹き抜けリビングの中にある階段はすばらしく存在感がありますネ

またリビングの中には、階段が設けられ、普通は、玄関を入るとすぐ階段になるのですが、弊社社長の提案もあり、あえてご家族が集まるリビングの中に 作ったそうです。これが功を奏した様で家族と必ず顔を合わせる機会が増え、家族のコミニケーションがよりとれる様になり、ご満足頂けた様です。

さらに階段を上がると「2階にいても1階にいるような感覚」とおっしゃる理由は、土台がしっかりしているため、町田街道沿いにもかかわらず、揺れや騒音を殆ど感じることなく、静かで落ち着くとおっしゃって下さいました(ベーシックウォール工法)。

2階には、書斎、寝室が広くとってあり、洗面所は、腰に負担がかからないよう洗面台を高くしてあります。これは、奥様の希望で洗面所を高くした事で、かがむこと無く使用できるので本当に楽だそうです。

1階で、ご趣味の家庭菜園で育てたハーブを摘んできて、ハーブティーを入れていただき、和室の欄間と同様、以前お住まいの柱を利用したテーブルもまた思い出の品が生きていました。

思った以上のことをやっていただけて

日当たりが良く明るいリビングは、いつも笑顔が広がる空間です

ご家族とも、健康にとても気をつけられ、自分達で食べる野菜は、自給自足で、またリビングには、テレビを置かず、語らいを楽しむという、本当に自然で飾らない生活スタイルを心掛けていました。

今回お話を伺って、浅沼様ご夫婦に感じた事は、常に「建てて頂いた皆様のお陰で」「思った以上のことをやっていただけて」という言葉を繰り返し聞かせていただきました。

お問合せフォーム

お電話でのお問合せも承ります。
お気軽にお電話ください。
電話:042-794-3030

お問い合せ(※必須)

お問い合せの内容を
具体的にお聞かせください。

お名前(※必須)

メールアドレス(※必須)

ご住所(※必須)

電話番号(※必須)

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

カテゴリー: お客様の声   タグ:   この投稿のパーマリンク