☆スーパーウォールキャンドルナイトを行いました☆

8月1日は、スーパーウォールビルダーズファミリーが企画する、『全国一斉スーパーウォールキャンドルナイト』の日。
全国のスーパーウォール住宅にお住まいのご家庭を対象に、8月1日の夜8時~10時の間、一斉に電気を消してキャンドルの明かりで過ごすことを呼びかける、環境を考えるイベントです。

今年はその第一回ということで、まずは自分たちで行ってみました!
去る8月1日。三和住建と、三和住建の家づくりに関わる協力業者さんとそのご家族が集まり、キャンドルナイトを実施しました。

キャンドルナイトの目的は、普段の生活を振り返り、省エネルギーや地球環境保護について改めて考えてみることです。

キャンドルナイトを行うにあたり、三和住建では、省エネ性能に優れたスーパーウォールの家を建てているお仕事の現場を事前に取材し、ビデオを作成しました。

会場に来ているお子様(未来のビルダーでありユーザとなるであろう子ども達)に、お父さんたちが省エネ住宅をどんなふうに建てているのか、どんな思いで仕事に取り組んでいるのかを伝えたい・・・ そんな願いを込めて、取材をしたビデオを上映しました。

お父さんが日頃一生懸命に働いている姿を見つめる子ども達の目がとても輝いていて、印象的でした。

それぞれの卓上に置かれたキャンドルを点火しました。
ここで「もしも世界が100人の村ならば」という詩を紹介し、これに照らして私たちの普段の生活を考えてみました。

(一部抜粋)
もし、人類統計比率を盛り込んで
全世界を人口100人の村に縮小するとしたら
どうなるでしょう。
・・・

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調に苦しみ
1人が瀕死の状態にあり
1人は今生まれようとしています
(訳 なかのひろみ)

世界の子供の7割は、文字を読むための教育すら受けられないでいるそうです。

スイッチを入れれば電気がつき、
蛇口をひねればきれいな水がでる。
学校で学ぶことができる。

私たちにとっては当たり前の生活になっていますが、実はとても恵まれた環境であり、ありがたいものであるということを、今回のキャンドルナイトをきっかけに見つめなおせたのではないかと思います。

そして、いま仕事があり、働ける場所がある。
これも、感謝したいことの一つです。

私たちの仕事は、省エネルギー性能に優れた住宅を建てること・・お客様の笑顔に出会えると同時に、地球環境の保護にも貢献できる、素晴らしい仕事です。

これからもこのご縁を大切にし、技術の向上に努め、次の世代につむいでいければと思います。

キャンドルの光につつまれ落ち着いた雰囲気の中、参加者それぞれが日々の生活や地球環境について改めて考えられる機会になったなら幸いです。


三和住建では、このキャンドルナイトの呼びかけを今後広げていく予定です。
来年の8月1日には、弊社の建てさせていただいたスーパーウォール住宅にお住いのユーザ様に呼びかけ、各ご家庭で一斉に電気を消して、ともに素敵な夜を過ごせるような企画をしたいと思いますので、どうぞご期待ください。

全国に40,000棟あるスーパーウォール住宅でキャンドルを一斉に灯すことが出来たら素敵ですね!

お問合せフォーム

お電話でのお問合せも承ります。
お気軽にお電話ください。
電話:042-794-3030

お問い合せ(※必須)

お問い合せの内容を
具体的にお聞かせください。

お名前(※必須)

メールアドレス(※必須)

ご住所(※必須)

電話番号(※必須)

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

カテゴリー: お知らせ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク