エコな実験 蛍光灯を家庭用LED電球に

「エコ」な実験  *** 蛍光灯を家庭用LED電球に ***

11月に、弊社事務所の照明器具を、
蛍光灯から家庭用のLED電球に取り替えました。
その数は96個。

今までは、117wの蛍光灯21本、40wの蛍光灯19本で
合計約3217w/hの消費電力が必要でした。

蛍光灯を使っていた時

家庭用LED電球施工後

 

しかし、このLED電球に換えた事により、 6.9w×96個でなんと約662w/hの消費となりました。

下の折れ線グラフが取替前と取替後の電気量を表しています(東京電力さん協力の上で計測器設置)。

また、LED電球に変更したことにより、 お陰様で電気代は月に約6000円削減でき、室内の熱も出なくなりました。

又、電気代だけでなく二酸化炭素(CO2)排出量は、
LED電球に変えた事で年間で960kgも削減する事が出来ました。

下の図でもお分かりのように、
人間一人が呼吸により排出する二酸化炭素は年間320kgです。
弊社の電球を取り替えたことにより、
赤ちゃんが生まれてから一生分の二酸化炭素を3人分確保したことになりました。

今後は、太陽光発電を行うことも決めております。
さらにクリーンな環境になることが、会社としても社会貢献と考え始めております。

家庭用のLED電球は蛍光灯と違い少し暗いのですが、
沢山のLED電球を取り付けたり、
一人一人の机にも電気スタンドを置いたりして、暗さをカバーする工夫をしています。

さらに、断熱フィルムを窓に施工し、
扇風機で空気を廻してエコに心掛けることで、
エアコンの温度設定も今の所24℃で頑張っています。