74号 三輪子どもクラブ「MIWA~GO」

木の温かみを感じられる空間にしたいという想いから町田市内の児童館では初めての木造による子どもクラブ「三輪子どもクラブMIWA~GO」について町田市役所の皆様にお話を伺うことになりました。(今回の取材は新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、オンライン取材を行いました。)

子どもクラブは0~18歳の子どもがのびのびと遊び、子ども自身の「やりたい」という気持ちを応援する施設です。 設計には地域の子どもがどんな子どもクラブが欲しいかワークショップを開催。「ゴロゴロできる所があったらいいな」「自由に使える黒板が欲しい!」と自由な発想や意見が集まりました。本施設の特徴である、広い遊戯室や滑り台、ロフト空間などはワークショップでの意見が反映されています。 施設内に入ると木造施設ならではの温かみのある雰囲気でホッとできる安心感に包まれます。「町田市としても手探りの木造建築物でしたが、三和さんは住宅以外の施設における木造建築の実績を持ち、製材加工や木材の流通にも精通しており安心して施工をお任せすることができました。製材加工にあたっては、最先端の技術も取り入れ、複雑なカットも寸分の狂いなく仕上がってきました。木造に対する豊富な知識と情熱のおかげで、良い子どもクラブが完成したと思います。」

✤ 自由に体を動かして遊ぶ遊戯室

子どもたちが自由に体を動かして遊ぶことができる遊戯室。天井が高く開放的な空間は、他の子どもクラブでは難しかったバドミントンやその他の球技などが楽しめ、遊びの幅がぐんと広がります。

✤ 秘密基地ロフト空間

ロフト空間は、子ども達にとって秘密基地のような空間になっています。「あえて登りにくいハシゴを登り、たどり着く隠れ家をイメージして作りました。ワクワク感も楽しめると思います。」ロフト空間はやや高所になるので、ハシゴで登れる子どもだけ(小学生以上が利用可能)が使えるよう意図した部分もあります。「秘密基地」ワクワクしますね。

✤ ロフトから1階へ「すべり台」

滑り台は大人が滑るとちょっとドキッとするくらいスリル満点!完成当初は滑りが良すぎたため、滑り止めを塗ったり、衝突防止の為掴む部分を取り付けたりと細かな箇所の改善が施されより安心に楽しく遊ぶことができます。

✤ 雨や暑い夏でも遊べるテラス

子どもたちが走り回って遊べるように屋外には広々としたテラスがあります。屋根がかかっているので、雨や暑い夏にも使いやすいです。
飲食可能なので子供達の声にもあったティーパーティを開催したり、隣接するスポーツ広場のスポーツ観戦を楽しむことができます。乳幼児は押し車をしたりと伸び伸びと遊ぶことができます。北と南側の二箇所にテラスがあり、乳幼児と小学生以上が分かれて使用できるよう安全面の配慮も嬉しいですね。

✤ 保護者と一緒に過ごす乳幼児室

乳幼児とその保護者の専用空間である乳幼児室。ロビーとは扉で仕切られており、床暖房設備や調乳スペース、授乳室も併設しているため、長時間ゆっくり過ごしていただけるスペースとなっています。

✤ 読書やボードゲームなど楽しんだり、自習学習などが行える場所

集会室は、勉強やボードゲームなどの静かな遊びを行える空間です。
ワークショップでは「和のテイスト」を取り入れて欲しいという声もあり、畳スペースも実現しました。ホッと心が休まる静かな雰囲気で「思わずゴロゴロと寝転がってしまいます。」リラックスして読書も楽しめます。
調理スペースでは、乳幼児のお母さん達の利用や料理教室、季節ごとの小学生のイベントに考えられています。バレンタインデーのチョコ作りやカップ麺をみんなで持ち寄って食べよう、などお友達みんなで楽しめるようなイベントが開かれる予定です。

それぞれの部屋に遊び心があり、子どもたちが笑顔になれる場所。 これから「MIWA~GO」で子どもたちはどんな遊びをするのか、今から楽しみです。

※その他の施工写真はこちらに掲載しています。

CONTACT

注文住宅・リフォーム・施工・資産活用などお問い合わせ